【世界一幸福な国】フィジーで生き方を学びに行った女子大生なほちゃんのクラファン報告会に行きました☆

対談、インタビュー

こんにちは!しょうごです!今日は2019年3月16日に、フィジーに行ったなほちゃんのクラウドファンディング報告会の感想をシェアします☆

いやぁ、海外に旅行行ったことないしょうごにとってありえない話ばかりでした(汗)

なほちゃんはどんな人?

 

なほちゃんのクラウドファンディングサイトから抜粋↓

医療学校看護学科4年生の女の子

ヒトが好き!!!

をモットーに日々楽しいと思えることに
フォーカスして過ごしています◎

特に、好きなのは『看護』『カメラ』 !!

 

しょうごからみたなほちゃんはみんなと馴染める宇宙人って感じです!(?)

クラウドファンディングとかでフィジー行ったりやってることがとんでもないことなんだけどみんなと楽しくわいわいしてるんで友達が多い。

特に印象的だったのがしょうごがBARで店長の時になほちゃんとその友達が来てくれたのですが、なほちゃんもその友達も終始楽しんでたんですよね、

心地いい空間を作ってくれたのでしょうごは接客せずあえて前向きな休憩をしました。

すべてはなほちゃんの為に!笑

 

クラウドファンディングってなに?

 

クラウドファンディングとは、インターネットを通してクリエイターや起業家が不特定多数の人から資金を募ることを言います。群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、製品開発やクリエイティブ分野などで利用されることが多いです。・・・クラウドファンディングサイトから抜粋

しょうごの感覚だといい企画に出資→お得なお返しがあるっていう感じです。

 

 

今回なほちゃんが企画したクラウドファンディングがコチラ↓

という企画です!

 

海外行ったことのないしょうごからしたらなんかとんでもないことを言ってるなぁと感じました。

 

なほちゃんの達成したクラウドファンディングサイト→コチラ

 

フィジーってどんなところ?

 

世界一幸福度1位(ちなみに日本は18位)

・国土は日本の四国くらいある

・日本から約7000キロ離れた、南太平洋の島国

・もともとイギリスの植民地

・64%がキリスト教

・困ったら「ケレケレ」と言えばなんとかなる

・治安はよくないところもある

 

困ったら「ケレケレ」を言う文化

 

困ったら「ケレケレ」といえばなんとかなる文化

 

お金がない→バス待ってる周りの人に「ケレケレ」と言う→バス代くれる

ご飯たべたい→親戚にもケレケレという→ご飯くれる

などお金がなくても生きていけるようになっている。

 

これってすごいことだなぁと思いました

(だって、俺もフィジーに住めば働かなくていいと思ったから笑)

 

お金や時間の使い方が圧倒的に違うフィジー

・必要最低限の収入にお金をつかう

・お金残ったら家族にまわす

自分と他人の境界線がほとんどない文化だから生きていける

 

なほちゃんのブログにも書いてあったのですが

スマホ盗まれる、所持金ほとんどないのにフィジーのみんなが助けてくれた。

フィジーの人たちの優しさ、文化がそうさせた

 

もちろんフィジーは治安がよくないところもあるのですが

フィジーに行った人にあらかじめどう旅行したらいいかリサーチしてから行くとすごく楽しめそうだとわかりました。

、、、旅行、行ってみようかなぁ

なほちゃんのクラウドファンディング報告会を聴いて

「ケレケレ」文化とか、とりあえずなんとかなる精神とか、とにかく今を大事に生きているフィジー。

日本が好きなしょうごだからこそ日本と真反対の生き方してるフィジーに行ってみたいと思いました。

 

①の俺  ②の俺    ③の俺

日本→  フィジー→  日本

 

①の俺より ③の俺って価値観とか違うと思うんですよ、

日本でうける当たり前とか普通とか、常識とかをよく考えると思うんですよ。

だって真反対の環境に身をおいたから。

 

日本はどちらかというとお金を稼がないと、時間がないなぁ、と思う人が多い。

そこで真反対のフィジーに旅行に行き日本へ帰る、

めちゃくちゃ価値観とか考え方とか変化すると思うんですよ。

 

日本で生きてるとメンタル的な不自由ってすごくあるとおもうんですよ。

そこを取っ払う方法って「それって本当に自分にとって大事なこと?」

っていうことを日常でたくさん考えることだと思います。

 

そう考えたらきっと自分なりの答えをみつけて生きていく。

そう考えたらフィジーだけじゃなく、いろんな海外にいくのもありだと思います。

 

改めてなほちゃんの報告会に行ってよかったなぁ

今回のことでいろいろ考えさせられました。

報告会あとの懇親会でいろんな人とお話したけどみんないい人だったなぁ

一緒にいて居心地がいい人が多かった、やっぱり「類は友を呼ぶ」ということわざのとおり

 

なほちゃんは今後看護師としての仕事で、

「こういう考え方もあるよ、」

「こんな生き方も素敵だと思う」

と今までの体験をとおして【関わってくれる人たちになにかのきっかけを、影響をあたえる人になっていく】と報告会の締めくくりに。

 

 

なほちゃんの言葉にはより輝きと深みがありました。

 

始めから最後まで(俺遅刻したけど)本当に楽しかった!

なほちゃん、本当にありがとう、報告会お疲れ様です☆

 

 

[btn class=”spe”]さいごになほちゃんのサイトはコチラ[/btn]

コメント

タイトルとURLをコピーしました