おかしの家クリエイター赤坂彰悟のプロフィール

プロフィール

こんにちは、おかしの家クリエイターblogを書いてるしょうごです。

今回はしょうごのプロフィールをお伝えします。

普段恥ずかしがり屋の私ですが、一生懸命かきましたのでぜひ最後まで見ていただけたらすごく嬉しいです☆

 

1、しょうごって誰?

赤坂彰悟 1992年6月28日生まれ

石川県珠洲市三崎町引砂生まれ、高校卒業後トヨタ自動車の工場に就職(三年間勤務)

10回以上の転職を繰り返し仲間とBARの経営をはじめる(約1年半)

現在はブロガーとして活動中(なるべく毎日更新しています☆)

 

性格

 

とても繊細で恥ずかしがり屋です

チャレンジ精神はあるがすごく飽き性

さみしがりやだけど人と関わりすぎると気疲れでフェードアウトすることもしばしば。

あととってもマイペースです☆

硬式野球部だった高校3年生の時に死にそうになった経験

 

小学校3年から始めた野球は好きになり高校でもやることに。

このときからチームメイトとの体格や実力の差を感じはじめてました。

いまだから言えますが毎日の練習はすごくキツかったです、わたしは平気な顔をしてましたがいつもギリギリの感覚でした。

(幼いときから風邪をひくことはよくあり身体はあまり強くありませんでした)

 

それでも高校も野球部に。やはりレベルが高くなんとか頑張ってBチームのレギュラーになったくらい、とにかく必死でした。

そのなかで起こった事件、自主練習中にバッティングピッチャーをしていた私はバッターの打った球をよけられず頭部に直撃。

わたしの自業自得です。L字ネットというピッチャーを守るネットから顔をはみ出していたから

病院に搬送されるも「ここ(田舎の)医療じゃ治せない」→2時間半かけて救急車で移動し都会の病院に。

 

・・・・わたしは体育館にひとり。ひたすら壁にボールをぶつける

 

意識を失っていたときの夢です。いまでもまだかすかに覚えています。

「ああ、まだ死んでなかったんだ」

麻痺で動けない身体は死んでいるようなのに

 

そこからです、「自分もいつか死ぬんだな」と実感するようになったのは

 

「ムチャ振りでもなんでもチャレンジする」体験を得たホスト時代

ひょんなことからホストを経験することに。

写真ではパリピってますがこれ、「頑張ってます笑」

イケメンでもなく話が面白くもないわたしはとにかく自分の居場所をつくるためにみんなのムチャ振りに応えました。

その集大成がコチラです

ドンッ!

、、、、、、、、、

BARの経営をした1年半

旅BAR夢portに1年半店長

ここでたくさんの人と夢を語りあったりバカやりました。

 

そしてここでは「助けてもらった」という経験が数えきれないほどたくさんあります。

ひとりではできないことをみんななら、あの場にいることができて本当によかったです。

(書ききれないので旅BARのことはまたブログかきますね☆)

 

そしていまの目標

 

いまはブログで生活できるように動いてます。

勉強もそうですが、ライターのお仕事も同時進行でやれるように自分を高めていきます。

 

そしておかしの家クリエイターとしてブログとライターの仕事を精度高めたら作品づくりにとりかかります。

自分が言葉だけでは表現することのできないところを伝える。

みてくださる方に楽しさや満たされている感覚、自分のこころに新たな発見をみつけられるようなものをつくっていきます。

そしてそれは生き方にも、生き方も通して楽しく生きる毎日を過ごしていきます。

 

以上になります。

さいごまでみていただきありがとうございます☆

 

[btn class=”spe”]しょうごにお仕事を依頼したい方はコチラ[/btn]

コメント

タイトルとURLをコピーしました